あけぼの

朱と黒のグラデーションが美しい真の輪島塗

 朱色と黒色のぼかしが入った輪島塗は、伝統的に長く続く配色です。木製品でありながら、それを感じさせない光沢のある輝きは、輪島塗の数多い工程から生み出される品質です。
 この朱色と黒色で塗る技法は、曙塗り、根来塗とよばれ、私どもでは朱色ベースから黒色を塗る曙塗りで色付けを行っています。

 赤と黒の配色は、一見洋風な配色にも見えますが、意外と鎧甲冑など和の製品にも多く用いられている配色でもあります。

 輪島塗を収集される方に人気が高くご評判をいただいております。当ホームページからもご購入いただけます。是非この機会にご検討いただければ幸いでございます。

真の商品についてはこちら